抗うつ剤通販で不安解消   >   抗うつ剤の飲み方

抗うつ剤の飲み方

スプーンの上に薬

一般的な薬の飲み方は、毎食後1〜2錠を服用することです。ただ、抗うつ剤は毎食後の服用ではありません。

もしそんな飲み方をしてしまうと、作用が強くあらわれて副作用・依存性がともに酷くなってしまう可能性があります。

種類によっては、2〜3回服用が必要な抗うつ剤もありますが、ほとんどが1日1回の服用でいいものです。

また服用量についても、種類別で適した1日の摂取量があります。そのため服用する種類をしっかり確認した上で、服用量・回数ともに間違えないことが大切なのです。

さらに1錠に含まれている成分の内容量が、初めて服用する人には作用が強い可能性もあるので、その種類の中でも最も少ない内容量のものを選ぶようにしましょう。

もしお得感から内容量の多いものを選ぶ場合には、半分や1/4にカットして少ない内容量の錠剤に合わせることも必要になります。

自分自身の身体に合うと分かるまでは、服用量を少なくして様子をみましょう。万が一飲み方を誤ってしまうと、副作用が出て服用の継続が難しくなったり、病院の受診が必要になるほどの強い作用があらわれてしまう危険性もあります。

自分勝手に服用量を増やすなどしてしまうと、依存性を高めることにもつながり、服用をやめたときに体調不良や精神的不安に陥りやすくなります。

そうなってしまわない為にも、抗うつ剤の正しい飲み方・用量・回数を確認して服用することがオススメです。

そして抗うつ剤の服用をやめる時には、徐々に服用量や回数を減らすなどの調整が必要になります。

毎日の抗うつ剤服用によって、薬の成分が摂取される用意を身体がしているのです。そして薬の成分摂取がなくなれば、これまでとは違うので不調を引き起こす可能性があります。そんな薬の離脱症状を回避するためにも、抗うつ剤の正しい飲み方を知っておくことが大切です。