抗うつ剤通販で不安解消   >   抗うつ剤の不安要素

抗うつ剤の不安要素

割れたグラス

抗うつ剤や睡眠薬は日常的に服用する必要があるので、依存症になりやすいというイメージを持っている人も少なくないでしょう。

さらには精神的に安定させる働きがあることから、作用が強くて副作用が起こりやすいのではないか、と考える人もいるようです。

しかし病院処方として用いられている抗うつ剤や、そのジェネリック薬品もあるように他の薬と同じように効果がある反面、副作用が起こる可能性はあります。
つまり抗うつ剤だけが、他の薬より作用も強いということではありません。

抗うつ剤の副作用として、軽い吐き気や胸やけ・めまい・倦怠感・頭痛・口の渇き・不眠・下痢・便秘などの症状が報告されています。

ただこれらの副作用は、本来体内には無い・もしくは通常よりも多く存在している成分が身体に影響することで引き起こされる症状です。

副作用に関しては、薬の作用が切れるとともに副作用も治まることがほとんどです。万が一症状が悪化したり、作用時間以上に残る場合には病院を受診しましょう。

そして抗うつ剤の依存性については、ゼロとは言い切れません。うつ病の症状を改善するために、常用する必要がある抗うつ剤によって有効成分が体内にある状態が当たり前になります。

するともし急に抗うつ剤の服用をやめた時、いつもあるはずの成分が無いことに対して体内のバランスが乱れるので、倦怠感や眠気・めまい・ふらつき・震えなどの症状が起こりやすくなります。

一般的に薬物依存の症状と思われますが、薬の「離脱症状」といって薬を急にやめることが原因で起こる副作用を指すのです。

こうした離脱症状を起こさないためにも、抗うつ剤は量や回数を少しずつ減らして、徐々に止めることが大切なのです。