抗うつ剤通販で不安解消   >   抗うつ剤で意欲を高める

抗うつ剤で意欲を高める

ガッツポーズをとる男性

精神を安定させてくれる抗うつ剤ですが、それだけの作用ではありません。無気力・自暴自棄に陥ってしまううつ病の症状を改善するために意欲向上の働きも併せ持っています。

それは有効成分がセロトニンの増加とともにノルアドレナリンの増加にも、働きかけてくれるのです。

うつ病になるとノルアドレナリンが不足してしまうことで、やる気などの気力が減退するといわれています。

抗うつ剤に含まれる有効成分によって、体内でノルアドレナリンが増加されるので意欲向上につながるのです。

ただ、この働きは全ての抗うつ剤が持っているわけではなく、アップ系と言われる種類に限り持っています。

それは不安や緊張を緩和させるセロトニンに作用するだけでなく、意欲を向上させてくれるノルアドレナリンにも作用するSNRI系の抗うつ剤のことを指します。

うつ病に対して基本となる治療方法は、しっかり休むことです。ただ休む程では無いが、なかなかやる気や意欲がでないときに、アップ系の抗うつ剤は役に立ってくれます。

中度〜重度のうつ病はダウン系の抗うつ剤を利用して、しっかり休養することが必要です。このことから治療期間の全体を見た場合、ダウン系の抗うつ剤の使用割合が多くなると言えるでしょう。

そしてかなり軽度〜うつ病から社会復帰する頃には、休養は十分だがやる気や意欲が湧いてこない、働きながら意欲向上したいというような症状が起こりやすいのです。

そんな時にアップ系の抗うつ剤や役に立ちます。ノンアドレナリンに作用してくれるからこそ、意欲を高めることにつながります。

このように抗うつ剤の特徴を知って、そのときの自分の症状・状況に合わせた抗うつ剤を選びましょう。